機能面の問題点

包茎手術を受ける際のリスクに、手術後の「見た目のリスク」と「機能面のリスク」の大きく分けると2つのリスクが存在してきます。ちなみに、機能面のリスクというものは、再手術可能な見た目の問題と違って再手術をしても元には戻らないことがほとんどになります。ですので、見た目のリスク以上にしっかりと把握しておかなければならないのです。主な失敗例として、「亀頭付近の皮を切りすぎてしまったため感度が低下した」、「性感帯を切除してしまい勃起力の低下や射精障害になってしまった」、「包皮を切りすぎてしまったために勃起時に痛みがでるようになった」、といったケースが多く見受けられます。

その中でも特に、感度の低下という部分に関しては非常に多いリスクとなっていますので、十分な理解というものが必要です。
人によっては同じ部位を切り取っているのに、感度が低下する人と全く変化がない人がいます。ということから、どんなベテランの医師であっても確実に安全といえるメスの入れ方が分かっていないというのが現状でもあるのです。ですから、感度が多少低下することは覚悟して手術を行い、変化がなければラッキーぐらいの気持ちで手術を受けないとかなりダメージが大きくなってしまいます。とはいえ、そのリスクを少しでも軽減できるポイントというのも決してなくはありません。
クリニックによっては手術前のカウンセリングを長く取るところもあれば、短く済ませるところもあります。要するに、費用が安いからといってどのクリニックでどの医師に担当してもらうかを安易に決めてしまってはいけないのです。

ということは、本当に信頼ができる医師に出会うまで手術を受けないということです。今では「セカンドオピニオン」という、複数の病院での診察や検査が主流となっている時代です。これと同じように、専門のクリニックというのは全国にたくさん存在していますので、自分が納得いく医師に出会うまでクリニックを隈なく探せばいいということなのです。また、話を聞いてくれるかどうかだけでなく、担当医師の執刀経験もしっかりチェックする必要があります。手術自体は簡単で安全性が高いといわれている包茎手術ですが、そこはやはり執刀経験豊富なベテランの医師に頼んで少しでもリスクを軽減するということなのです。

最初にも述べましたが、機能面に関しては一度手術を行えば元に戻るものではありませんので、そこはかなり慎重になって手術を受けるということが大前提となってきます。