見た目の問題点

泌尿器科での包茎手術であろうが専門のクリニックでの包茎手術であろうが、治療を受ける前に必ず手術後の「リスク」というものを理解しておかなければならないと思われます。包茎手術というのは決して100パーセント成功ではありませんので、手術後の仕上がりなどで後悔する部分というものが絶対にないわけではありません。
まず、包茎手術のリスクというものには大きく分けると2つの部分が存在してきます。「手術後に傷跡が残ってしまう、ツートンカラーになってしまうといった見た目のリスク」、そして「手術後の働きや感度の低下といった機能面のリスク」、の2つとなってきます。この2つのリスクに関しては少なからず関係してくるということだけは頭に入れておかなければならないのです。初めに「見た目」のリスクに関してなのですが、これには執刀経験の浅い医師が担当した場合や、手術前の計測が甘かった場合に性器の見た目に大きな問題を抱えることになります。性器の縫合部位に大きな傷跡が残ってしまったり、腫れ上がってしまったりするというほかに、包皮のバランスが崩れて剥け方が明らかに不自然になることもあるのです。

こうなってしまえば、ペニスを出すような公共の場では周りの人に包茎手術をしたことがバレやすくなってしまいます。
また、他の人からは普通だと言われる見た目でも、自分がどうしても納得できない仕上がりになるケースもあります。
たとえば、「もう少し皮が余っているほうが良かった」、「小さい縫合の跡がどうしても気になる」、というパターンになってくるのです。
こういったことを回避するためには、やはり手術前に行うカウンセリングでのきちんとした話し合い、そして仕上がりのイメージをお互いに納得がいくまで追及していくしかほかにようにも思えます。

ですが、見た目上の問題は再手術をすれば一定の修正は可能ですので、もし手術後に不満があるようであれば再手術を受けることでそれなりに回避はできます。
とはいえ、また手術をするという精神面の負担、さらにかかってしまう費用面の部分が必ずあるということだけはわかっておかなければなりません。
また、再手術の費用があらかじめ手術費用に組み込まれていて、自分が納得するまで再手術を行ってくれるクリニックというのが存在しています。
もし、包茎手術を受ける際に不安であるようでしたらそういったクリニックを選ぶといいかもしれません。
それだけで一つの不安という部分は回避することができるでしょう。