感度を下げない方法

今の時代、包茎手術というのは症状や経済的プランに合わせた「オーダーメイド」での包茎手術が一般的となってきました。
ですので、そういった患者のプランに沿った治療を考えているクリニックというのが増えているような気もします。
ということから、手術方法や費用といった部分に関しては人によって変わってくるというのが当然ですし、泌尿器科での手術のように全て「一律」ということではなくなってきているのです。基本的に、泌尿器科のような病院での包茎手術というのはあくまでも治療を目的としていますので、手術後の仕上がりに関してはそこまで深く追求しているわけではありません。

ですが、専門のクリニックに関しては治療目的はもちろんのこと、手術後の仕上がりやケアにまで気を配っています。
当然100パーセントの成功を目指して治療を行っているのですが、やはりそこはデリケートな部分ということもあり、患者にとって完全に満足のいく仕上がりになるのかということの懸念材料はどうしても残ってしまうのです。その懸念材料の一つに、感度の低下というものがあります。
確かに、包茎手術を受けた後から感度が下がったという事例を耳にすることがあるのですが、そこはきちんと原因を知り手術の術式を選択すれば安全に包茎手術を受けることができるはずなのです。では、そもそも感度が下がってしまう原因というものにはどういったことがあるのでしょうか。
まず、包茎手術の後に感度が下がってしまう原因には、性感帯を切除したことが原因だと考えられます。

なぜなら、包茎手術には複数の術式の種類があり、中には包皮と一緒に性感帯も取り除いてしまうものもあるからです。
しかし、性感帯は一つではなく、またその感覚には個人差もあるため1つくらい取り除いても全く問題がないことも多くあります。
要するに、健康面で害は一切なく、性交渉も可能な範囲であれば性感帯を取り除くことはそれほど問題だとされていないということなのです。
そのため、人によっては性感帯の除去の影響が出てしまい感度が下がったと感じているのではないかと思われます。
ちなみに、感度を極力下げないような包茎手術というものも可能であり、それは性感帯を傷つける恐れのない手術方法を選べばいいというものです。
包茎手術の手術方法にはたくさんの種類があり、種類の違いによって切り取る包皮の位置も変わってきます。
したがって、性感帯の違う位置にある包皮を切り取る手術を選ぶことで性感帯を気づけずに包茎手術が可能だということなのです。
これもオーダーメイドの一つとなりますので、カウンセリングのときにきちんと担当医師に伝えることで感度の低下ということは回避ができるのです。